お知らせ

新型コロナウイルス感染予防対策に関する対応とお願い

当財団では新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、厚生労働省が発表した内容を踏まえて、以下のような対応をしております。何卒、ご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

 

<職員の感染症対策について>

全職員に「受診者様、職員に感染者を出さない」ために対策を徹底するように指示しております。具体的には、手洗いとうがい、手指消毒、通勤時と館内でのマスク着用、毎朝の体温測定と測定値の記入、機器の消毒などを実施しております。

<受診者の皆様へのお願い>

・現在マスクの在庫不足により配布が困難となっておりますので、受診の際には可能なかぎり、ご自身でマスクを持参着用いただきますようお願いいたします。

・受診前後の手洗い、手指消毒やうがいの実施をお願いします。消毒液の在庫不足により30秒以上の流水下での手洗いにご理解ご協力下さい。

・つぎの項目に該当される方の受診をお断りしております。

・37.5度以上の発熱のある方(施設内健診では、受付前の検温をお願いしております)

・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

・新型コロナウイルス感染者やその疑いのある方との接触歴がある方

・1ヶ月以内に海外渡航歴がある方

※当日ご受診できない場合の予約日変更は窓口ではなくお電話にてお受けいたします。

 

ご迷惑をお掛けいたしますが、昨今の情勢を鑑みご理解ご協力の程よろしくお願いします。